日本橋〜水天宮  

ページ内の画像を「NAVERまとめ」に無断転載禁止
ページ内の画像を「キナリノ」に無断転載禁止


2008/01/31 晴れ 日本橋〜小舟町〜人形通り〜甘酒横丁〜水天宮


三越の近くです。右に進めば日本橋。
工事現場の塀には、首都高がない日本橋が・・。
昭和32年、江戸橋から見た日本橋
日本橋をもとに戻そうという気運が高まっている、
5000億ほどかかるそうだ。
中央通り 島根県のアンテナショップがありました。
売りは、世界遺産「石見銀山」。
室町の方に行きます。中央通りと昭和通りに囲まれた地区は、横を覗くと、小さな店舗が看板を出していて、少し意外。
ここは「按針通り」、そう三浦按針の居宅がありました。
英語と日本語で説明文がある石碑が立っている。
英人航海士ウィリアム・アダムスは、1600年に渡来、家康に取り立てられ、居宅を与えられた。造船・砲術・地理・数学に業績をあげ、家康、秀忠の外交顧問も務めた。
1620年没す。
昭和初年まで、この地は按針町と呼ばれた。
(碑文より)
室町の横丁
本町二丁目から右折で小舟町に 小舟町郵便局
江戸時代小舟町は周囲を堀に囲まれ舟のような形をした地形でありました。マウスオンで切絵図へ
11とある場所は三浦按針居宅、堀江町1丁目あたりは
現堀留町あたり。
小舟町の横丁
堀留町 人形通りに出ました、右に進みます。
切絵図では人形丁通りとなっています。
堀留町、人形町3丁目あたりに元吉原があり、おはぐろどぶに囲まれていた。明暦の大火後1657年に現在の地(浅草の吉原大門の地名が残っているあたり)に移転した。元吉原の方は現在人形町の大門通りに名を残す。
三光稲荷神社(堀留町2丁目)
人形通りから横丁を見ると「三光稲荷神社参道」とあり、奥の突き当りが神社。
もとは、人形町通りに面していたそうで昭和8年の区画整理時に現地に移転とのこと。失せ猫探しにご利益がある。
三光稲荷神社 本殿 「玄治店」跡碑 徳川家光に重用された医師岡本玄治の
屋敷1500坪があった。
お富と切られ与三郎ですね。
奥に見える面白看板はマウスオン
人形町通り 
鋏がついた店は床屋さん、寿司やさんの前面は緑青であろうか、レトロな感じの建物だ。
人形町通り 2/17第二回の東京マラソンの幟
2007年はみぞれ吹雪だったなぁ。も少しあったかい時季に開催すればいいのに、少なくとも雪の心配がない時季に。
人形町通り 鳥近の卵焼きは大人気で、行列ができる店。
築地でも卵焼きの店は行列。
卵焼きは家庭では作らなくなったってこと?
大観音寺 鉄造菩薩頭をもつ観音様は都指定有形文化財
マウスオンで説明文へ
牡殻町にあった銀座跡碑 人形町通り(人形町1丁目)
遺構は何もありません。目印の店はマウスオン
この店の正面にこの説明板があります。
甘酒横丁入口
明治座までは約400m。
明治時代入口に甘酒屋「尾張屋」があったことがその由来。
甘酒横丁に入りました。下町風の店舗がいっぱい。
手焼きせんべい、豆腐屋さん、洋服屋さんetc.
大正8年創業の喫茶店「快生軒」
向田邦子氏も常連であったそうだ。
「ばち英」 1917年創業の三味線屋さん
かつてこの界隈に「芳町」という花街があり、芸事の達者な芸者さんが多かった。
明治座通りに出る一つ手前の、緑道通りは、江戸時代には現在の鞍掛橋のあたりまで堀であった。
緑道通りの中央は公園、勧進帳の「武蔵坊弁慶像」
江戸時代、江戸三座といわれる芝居小屋の内市村座・中村座が歌舞伎上演をしており、浄瑠璃の芝居小屋もあり、芝居街と言われた。使われた人形の製作、メンテナンスなどにかかわった人形師が多く居住していたことから人形町と呼ばれるようになった。(説明文より)
「元徳稲荷」の幟がみえますが、ここではありません。
こんな日本家屋をみると、なんだかほっとする。
築地塀に囲まれた蛎殻町公園
江戸時代は堀に囲まれた武家地であった。公園の位置は松平三河守(津山藩主)の屋敷であった。
現在の蛎殻町1丁目遺跡で出土した、大名屋敷庭園の景石が置かれていた。マウスオン
隣接する「有馬小学校・有馬幼稚園」
新大橋通りに出ます。水天宮仲見世通り。 水天宮仲見世通り
水天宮本殿は歩道から石段を登る。
水天宮は九州の久留米藩の守護神であったものを江戸城下の藩邸に移され、1818年に現在の蛎殻町2丁目に移転した。
安産の神様。毎月5日が縁日。
水天宮下の魚屋さん
人形通りX新大橋通り交差点から水天宮
交番が同化して見えます。
水天宮の正面は「人形焼きの重盛」マウスオン
人形町通りの松島神社 完全にビルの中。
このあたりが入海であった頃、松樹茂る小島に祠があり、
夜ごと掲げる燈火を目標に航海の安全を得たと伝えられる。
(中央区神社案内より)
ご利益は海運承服・商売繁盛・学業成就など
以下は2006年10月
人形町通りを小伝馬町方向にと歩いた際の史跡です。
十思公園内「石町時の鐘」 もとは本石町(現在の日本橋室町)にあり、日本橋付近の町に時刻を知らせていた。七つ時の鐘の音(午後4時ころ)が処刑の時間であった。
「江戸伝馬町処刑場跡」碑 
公園の反対側大安楽寺にあります。
奥に見える地蔵尊の場所が処刑場であった
1613年〜1875年まで存続。安政の大獄により逮捕された吉田松陰、橋本佐内らはここで処刑された。
日本で最初の種痘所の碑
岩本町3丁目のビルの壁にありました。
1858年、伊藤玄朴ら蘭方医が幕府の許可を得て開所、後に西洋医学所となり、東京大学医学部の前身となった。
お玉が池跡碑
江戸時代、現在の不忍池より大きな桜が池があった。池の畔の茶店の看板娘「お玉」が入水したことによりその名をとった稲荷を祀った。以後この場所がお玉が池と呼ばれるようになった。

HOMEへ 歴史散歩indexへ
ごらんいただき、ありがとうございました。