蒲田を歩こう    
2012/10/13 晴れ 約10km 2.5時間 
         30770歩(含む 帰路上野国立美術館へ 上野〜新御茶ノ水歩行))
京急蒲田駅〜タイヤ公園〜雑色商店街〜水門通り商店街〜六郷水門〜七辻交差点〜日の出銀座商店街〜夫婦橋〜旧呑川緑地〜大森ふるさとの浜辺公園〜京急平和島駅
昔ながらの商店街、歩くの大好きです。雑色でいきなりノックアウト、古着屋さんでひっかかりました。
その次は、魚屋さんのさつまあげ、果物屋さんのイチジク、お肉屋さんのコロッケ。
先はまだまだ長いのに・・・。
街の様子も、どこかしら別の国のような、感じ。


あすと商店街は看板が面白かった 
下はその看板たち
JR蒲田東口の商店街ぽぷらーど 
     靴屋        歯医者         時計屋         銀行         鳥肉屋
きれいな社屋の横を通ります
富士通ソリューションスクエアでした
反対側の建物 半球形がビルに張り付く形、窓があったので住居?
タイヤ公園 文字通り古タイヤをブロックのように扱い遊具やオブジェ(?)にしています  雑色踏切を渡るとすぐに「雑色商店街」
キャッチコピーは「人にまちに優しい笑店街」だそうです
京急雑色駅を通過して 今度は水門通り商店街 
ここはあまり賑わってなかった
六郷水門
マウスオンでさらに接近
六郷水門 日本の近代土木遺産
度重なる洪水、高潮の災害を避けるため1918年〜1933年までの多摩川改修工事事業に伴い、六郷水門が施工され1931年(昭和6年)完成。
マウスオンで違う角度
水上スキーをしている人がいた 南六郷児童館を目指して堤防から出ると歩道上にこのタイル

日の出銀座商店街です 
七辻交差点はほんとに七辻だった
事故がない七辻の由来
昭和初期までは農家の大八車が通るだけで・・・
時代が移り変わり多くの人々が住むようになっても自然を愛しやさしさと思いやりのある心は受け継がれ、この地に事故はない。
銀座商店街を出ると「日の出通り交番前」左折 環七通りを進み京急蒲田駅を通過してすぐに夫婦橋 
右に横断して旧呑川緑地公園へ行きます
呑川(のみかわ)です 少し臭いますね マウスオン 旧呑川緑地公園を進みます
旧呑川の由来 灌漑用水や飲用水として利用された後「大森海苔」の生育に寄与したが環境が変化し住宅・工場の増加で汚染された、さらに東京オリンピック開催のため海苔場が埋め立てられ大森海苔の終焉を迎えたことから呑川の利用もなくなった 貴船堀緑地です 
突き当たり水門の向こうはもぅ「大森ふるさとの浜辺公園」だ
大森ふるさとの浜辺公園
こことてもいいなぁ。遊泳は禁止だけれど砂浜で遊ぶのはOKみたい。子供が喜んでいた。カーブしたあたりの左手はいくつもテントがあってフードコートのようでした。
浜辺橋を渡って平和の森公園に向かいます
浜辺橋にあった「大森海苔」採取(この表現で正しいかしら)風景 女性の仕事だった?浮世絵はほぼ女性が描かれています 「大森海苔のふるさと館」入りませんでした
平和の森公園から環七に出て平和島駅へ
このビルはエコですね、私もあんな風にしてみたい
京急平和島駅
品川駅から上野に向かいました

HOMEへ   歴史散歩indexへ   PAGE TOPへ
ごらんいただき、ありがとうございました