かこたんの なんでもフリーク  皇居一般参観とは?

桔梗門〜宮殿東庭〜二重橋〜宮殿東庭〜山下通り〜蓮池濠〜桔梗門
約2.2km 約90分
予約は宮内庁HPから 無料

13:13 受付に身分証明書を提示し、揃ったところで入場。
普段は見るだけの桔梗門、これが内桜田門なのだった。警視庁があるところは外桜田門。
構造が桝形門になっているので、最初の門は高麗門だ。
蛤濠の清掃中 蛤濠は桔梗門の向かって左側
宮内庁HPをみると、皇居勤労奉仕も募集していて、その勤労奉仕の方々が、皇居内の清掃、
植え木の手入れなどをしていた。
これは渡櫓門。入場して内側からの画像。
東北からの2団体がいっしょで、多勢だ。
個人参加の外人も5〜6人。
構成は2団体とも高齢者が多かった。
車椅子の貸出、キャスターがついた杖(広げると小さな椅子になるもの)の貸出しもあった。
窓明館(休所) 入ってすぐ目の前にある。
ちょうど、白いかっぽう着の大勢の女性が行進を開始したところで、その様子は一種、異様な感じがした。勤労奉仕の方々だ。マウスオン
ここで出発までビデオをみたり、見学中の注意を受けたりする。
売店も併設され、菊の紋章入りのチョコ、菓子、まんじゅう、雑貨などが売られているのだ。
団体さんのほとんどが精力的に買い物をしていた。
窓明館内部で説明を受ける
この先トイレ、自販機はないので水分補給のこと、トイレはすませておくこと、4人一列で広がらないことなどの注意があった。
中は教室タイプに椅子と机が並べられている。
前方にモニターが2か所あった。
一度の見学者は募集人員、マックス250名とあったので収容できる広さと思う。マウスオン
売店の商品、このほかに飲み物の自販機、ロッカーもある。
帰りは、ロッカーの荷物は引き取れるが、売店は利用不可とのこと。
13:49 窓明館前に4列縦隊をつくり、出発します。内桜田門渡櫓門の右側の道を行きます。
すぐに注意は守られなくなりました。
ほとんどのお年寄りは、おしゃべりに忙しく誰も聞いていないようであったしね
渡櫓門石垣に残る丸に十字は、薩摩藩のもの。
桜田門は薩摩藩が普請したのだ。

13:54 富士見櫓が見えてきます。
富士見櫓は江戸城遺構で最古、三重櫓で1659年(万治2年)の再建。
石垣の高さ約14.5m、櫓の高さ約15.5m
明歴の大火(1657年)で本丸焼失後、再建されなかった本丸の代わりに利用された。
石垣と櫓の境目に、黒くせり出して見えるのは石落としの仕掛け。
石垣はすきまがあるが、これは耐震構造なのだ。
13:56 蓮池御門跡碑
富士見櫓の反対側にあります。マウスオン
14:00 宮内庁庁舎 1935年建設
戦後、1952年〜1969年まで三階を仮宮殿として使用。
見学は午前と午後に実施されるが、午前中の方がいいかも。午後はほとんどが逆光となる。
14:01 桜田二重櫓(巽櫓)が見えます。
これは、内堀通りからも見えます。
14:01 坂下門は左手にありました。
この後ほんとに坂(塔の坂)を登ります。だから坂下門というのですね。外からは全然わかりませんでした。
14:04 「皇宮警察本部坂下護衛署 搭の坂警備派出所」前を過ぎると広大な宮殿東庭に出ます。
東庭の敷石は四国産の水捌けがよい安山岩。
新年および天皇誕生日の一般参賀はここで行われます。
カンカン照りのなか、解説を聞く。敷石の下は駐車場。東庭の収容人員は最大2万人!
ここで落伍者が出たようです。
長和殿北車寄せ方向から 1968年完成。
長さ160mの建物。鉄筋コンクリートの地上2階、地下1階、延べ2.3万平方メートル(7千坪)、屋根の構造は入母屋造りに、一部寄棟造り。この建物の後ろに正殿、御座所などがある。
オブジェは「松の塔」、松の木のイメージで照明。高さは16m。国民の寄付でできたそうです。
江戸城ではこの辺りは西の丸でありました。
長和殿南庭から塀の中に見える、樹木。丸い大きなものは複数の木でできていて、剪定は木の中に入って行うそうです。かなり大きい。
14:16 正門鉄橋に向かいます。 意外と市街地が近く見えます。

正門鉄橋から見た「正門石橋」
この二つの橋を総称して二重橋といいます。
正門石橋は皇居前広場から見学可能。

14:19 正門鉄橋と伏見櫓
伏見櫓は家光の時代に京都伏見城の櫓を解体して移転したと伝えられています。
因みに京都伏見城は家康が関ヶ原後再建。
皇宮警察本部 坂下警備署
鉄橋外警備派出所、です。
14:31 また東庭に戻る途中、富士見櫓が、まるっと見えた。この櫓はどの側から見ても同じに見えるので、八方正面の櫓といわれる。
ビルの中にあっても存在感がありますね。
長和殿北車寄せ 国内の賓客がここから入ります。 14:36 美しく手入れされた庭、ここは松が多い。
14:37 緑が美しい山下通り 
広がって歩いていますね。
宮内庁の裏側にあたります。
14:39 みなさんが向いている方向は「紅葉山」、山下通り進行方向の左手。
皇后陛下の養蚕場があるという説明を聞いているところ。秋は紅葉が非常に美しいそうだ。
14:43 山下通りのつきあたり、両側に石垣のようなものがあり、門の跡のように思えた。
中央の道が、たどってきた山下通り。
14:44 宮内庁庁舎の横を通過します。横から見ると別の建物みたいだ。 皇宮警察本部 坂下護衛署 供溜警備派出所
このあたりは、出仕した大名の御供の待合所があったのかなぁ。

蓮池濠 白く見えるのは富士見多聞
蓮の花はまだ咲いていなかった。
桜田櫓を過ぎて・・・ 14:48 再び、富士見櫓
ここは櫓下派出所がありました。
14:53 内桜田門渡櫓門に帰ってきました。 14:55 工事中の元枢密院庁舎 
現国会議事堂はこの建物をもとに設計されたそうだ。
14:56 窓明館前に集合し、人数確認後、門を出ます。
速度制限は時速25kmとありました。
マウスオン
内桜田門高麗門内側
内桜田門高麗門外側
14:57 内桜田門(桔梗門)を出たところ。両側は松並木。桝形門の構造がわかります。 左手、桔梗濠です。

15:01 桔梗濠から桜田二重櫓と奥は内桜田門(桔梗門)
参観も終了しました。受付から90分ほどの行程でした。
ちりひとつない、美しい庭園の中を江戸時代の遺構を見ながらの散歩という感じでした。
秋にまた見たいと思います。

TOPページへ 歴史散歩へ PAGE TOP▲
ごらんいただき、ありがとうございました