根津〜上野  

根津〜弥生町〜言問通り〜不忍通り〜上野公園
今回のコースは、見どころ満載。上野公園って動物園だけじゃなかったんです。


地下鉄千代田線根津駅からスタート 弥生坂 
かつてこのあたり一帯は「向ケ岡弥生町」と言われた。明治の新坂で坂下に幕府鉄砲組の射撃場があったところから、「鉄砲坂」とも言われた。
「弥生式土器発掘ゆかりの地」碑
明治7年にはじめて発掘された。
ここから左に入って行きます。
武田先端知ビル入口にあった写真
左折した先は「暗闇坂」 右は東大の施設
江戸時代は、加賀藩前田家上屋敷の北裏側と片側寺町の間の坂で、樹木の生い茂った薄暗い寂しい坂であったらしい。
「向ケ岡」碑
東大浅野地区、工学部10号館の前にある。
文字はほとんど判読不可。
東大浅野地区構内には
弥生二丁目遺跡・浅野侯爵邸跡地・方形周溝墓などの遺跡もあるのだ。

武田先端知ビルからはいり、探そうとしたが人はほとんどいないし、植栽もあれた感じだし、図面通りには行かれなかった。
又出直すことにした。

右側はずーっと東大のエリア、法学部。

立原道造記念館は左側¥400
東大医学部 印象的な門があった。
「弥生門」マウスオン
弥生美術館 左側 竹久夢二美術館¥800
挿絵画家高畠華宵の記念碑 左側
大正〜昭和にかけて活躍。
晩年をを鹿野氏邸で過ごした。
東大医学部戦没同窓生の碑 左側
だんだん狭くなる暗闇坂
右手東大医学部の煙突
弁慶i鏡井戸 右側
義経主従が欧州に奥州に逃れるとき弁慶が見つけ一行ののどをうるおしたと伝えられる。一時埋め戻したが、1940年に再び掘り出し、昭和20年(1945年)の東京大空襲のおりには多くの被災者の飢渇を救った(説明板より)
境稲荷神社 右側
このあたりが忍ケ岡(上野台地)と向ケ岡(本郷台地)との境であったことに由来した名前
もう池之端です。
ここの並木はスズカケの木
横山大観記念館 だいぶ痛みが激しかった
マウスオンで門先
大観は1909年(明治42年)から居住。戦災で焼失したが1954年再建、1958年90歳で没するまで過ごし、多くの作品を制作した。
1976年記念館として公開。
不忍通りに入ります。赤い旗は「アイスキャンデー売り」のおじさんです。売り切れなのか無言でペダルを漕いでいました。
不忍池 まわりの高層マンションがだんだん増えているように思う。 おりしも「つつじ展」開催中。
ツツジもこんなに種類があるのかぁと驚くばかり。
下町風俗資料館 ¥300
内部は昭和初期の街の様子や当時のおもちゃなどを再現。あまりわくわくしなかった。
大八車マウスオン
JR上野駅公園出口
動物園通り〜東照宮〜彰義隊墓〜西郷隆盛銅像
動物園通りに入ります。
左に花園稲荷。縁結びのご利益がある。赤い鳥居をくぐって下に降りると、五条天神の本殿があります。
「穴稲荷」はマウスオン
穴稲荷は正しくは忍ケ岡稲荷といい花園稲荷の旧跡。
そのまま進むと精養軒。 左側
明治5年(1872年)創業、純フランス料理を供する。
「時の鐘」 精養軒の駐車場から見えますが近くには行けません。
「花の雲 鐘は上野か 浅草か」と芭蕉が詠んだのはこの鐘。江戸市民に時を告げる鐘は、はじめ江戸城内で撞かれていたが1626年になって上野、浅草のほか町内で撞かれるようになった。現在も朝夕と正午の3回昔ながらの音色を響かせている(説明板より)
上野パゴタ(仏塔)への階段
上野パゴタは大仏再建の願いをこめ上野観光連盟が発願主となり1967年(昭和42年)建設。 上野大仏 いいお顔じゃありませんか。
最初は寛永8年、村上藩主・堀直寄によって寄進された。その後、地震で倒壊。、明暦・万冶の頃、木食僧浄雲が江戸市民より浄財を募り、青銅製の大仏が再建。安政の大地震で首が落ちて修理。関東大震災では大仏の面部が落下。第2次世界大戦では、金属供出令により体、脚部を国へ供出。お顔だけは寛永寺に残された。
お化け灯籠 高さ6.06m、笠の周囲3.63m
佐久間大膳亮勝之が1631年(寛永8年)に寄進。当時寛永寺は創建後まもないころで、大鳥居、石灯籠、銅灯籠ははまだわずかしかなかった。勝之は諸大名にさきがけて寄進した。(説明板より)
重文上野東照宮 徳川家の菩提寺
大鳥居は酒井雅楽頭忠世が1633年(寛永10年)寄進。石材は備前国から運ばれたと銘にあります。この人の役職は老中ですね。
大鳥居をくぐると「水舎門」 現在の社殿は1651年(慶安4年)3代将軍家光がリフォーム。江戸時代初期の権現造り。
金色堂とも言う。

参道には諸大名が寄進した石灯籠がすらり、寄進慶安4年の日付が多かったように思う。

唐門 1651年(慶安4年)建築。
日本に唯一の金箔の唐門。左右の門柱、上部の彫刻は左甚五郎作。
上部の、松竹梅と錦鶏鳥の透かし彫りはマウスオン。
左の登り竜 右の降り竜
銅灯籠は参道両側に50基 
1651年(慶安4年)諸大名が寄進。家光さんが社殿をリフォームしたときですね。徳川家への忠誠心のバロメーターだった?
大鳥居を出てすぐ右側にも灯籠が並ぶ。
五重塔 ちゃんと見るためには動物園にはいらねばならなかった。木が枯れた時季にもいちど撮影に。 グラント将軍植樹碑 これには、驚いた、グラントさんの大統領としての器量は問題が多かったようだけれど。
アメリカ北軍義勇軍大佐として従軍。1869年アメリカ合衆国大統領となる。1877年〜79年にかけて世界周遊。その折に来日。上野公園にて歓迎会開催、祈念の植樹をした。植樹の記念碑は1929年建立。(説明板より)
東京国立博物館本館  1937年建設。 重文寛永寺旧本坊表門 博物館通りにあります。マウスオン
ここ上野公園には寛永寺の本堂、伽藍があった。1868年の上野戦争で表門を残してことごとく焼失。門扉に上野戦争時の弾痕がある。(説明板より)
輪王子両大師堂 博物館通り
寛永寺の開山天海僧正を(慈眼大師)を祀る。慈恵大師を併祀しているところから、一般には両大師と言いう。
重文旧因州池田屋敷表門(黒門) 博物館通り
もと丸の内大名小路(現丸の内3丁目)にあった。明治25年高輪台の常宮御殿表門として移設。
のち高松宮家に引き継がれる。さらに昭和29年(1954年)現地に移設、修理を加えた。(説明板より)
形成電鉄「博物館動物園駅跡」 2004年廃止路線の駅舎。車両は4両しか停車できなかったらしいのだ。現在は資材置き場として利用されている。側面はマウスオン 重文旧音楽学校奏楽堂 ¥300
明治23年に創建。日本最古の木造の洋式音楽ホール。1987年(昭和62年)に台東区の手で現在地に移築され公開されるようになった。
毎日公開ではないので確認が必要。
「摺鉢山」
前方後円墳で24.460mの山頂には、仮水準点があります。 京成上野駅方向に歩きます。
「時忘れじの塔」 
1945年3月9日東京大空襲で亡くなった人の慰霊碑。海老名香葉子氏が建立。
彰義隊の墓 1868年5月15日朝上野にたてこもる彰義隊は大村益次郎の総攻撃を受けた。15日夕刻には死亡者を残して彰義隊敗走。遺体は放置されたが南千住円通寺の住職により当地でだびに付された。 「戦死之墓」 1881年もと彰義隊士により建立。彰義隊は賊軍であるため、彰義隊の文字はない。
山岡鉄舟揮毫
重文清水観音堂  寛永寺を開創した天海が京都の清水寺を模して寛永8年(1631年)に創建した。 受験の絵馬が多かった。階段をあがった正面はマウスオン。

清水観音堂の井戸
西郷隆盛像 明治31年(1898年)建立。
高村光雲制作。犬連れの理由は何だろう。
散歩中ってことかしらん。
階段を降りると京成上野駅。階段わきの柱。
何も説明がありませんが、照明装置付きの柱。
立派なものでした。
著名人の手形がずらり。
上村さんは文字だけでした。

HOMEへ 歩いてみれば へ
ごらんいただき、ありがとうございました。