かこたんの なんでもフリーク  内堀通を行く その1

東京駅近くの行幸通り〜和田倉橋〜桜田門〜三宅坂〜半蔵門


お色直し中の東京駅丸の内南口
辰野金吾設計、開業当時の3階建てに、またドーム屋根の復活など「東京ステーション・ルネッサンス」という再開発プロジェクト進行中。南北に超高層ツインタワーの建設中であった。日本橋口に新たにサピアタワー建設、3月に営業開始。
マウスオン
和田倉門跡
和田倉という名の村落があった、蔵があったなど諸説あります。
和田倉橋 和田倉噴水公園 夜はライトアップされる。動きがある噴水で、最高8mまで吹き上がる。面積は15000u。レストラン、ベンチなど整備されている。
今上天皇さまご成婚記念で1961年造られた。
公園奥に江戸城石垣があった。
マウスオン
行幸通りは幅73m
関東大震災の復興事業として整備されたもので、皇居から東京駅にまっすぐに整備されている。
皇室の公式行事や外国大使の信任状捧呈の際の馬車列など特別な場合に使われる。
行幸通りの両側に建つ衛門 とても威厳がある。
特別史跡「江戸城跡」 1457年太田道灌が創建以来の説明があります。
画像をクリックで拡大
桜田二重櫓(巽櫓)
辰巳の方角にあることから、巽櫓とも言われた。
櫓は20基ほどあったそうだ。現存するのは3っつ。
いわゆる皇居前広場から二重櫓とオフイス街 蛤濠
坂下門 
厳重警備のここの奥は宮内庁、新宮殿などがある。江戸時代は西の丸御殿があったのだ。
二重橋奥の橋と富士見櫓
皇居正門 正門から広場に出る両側の欄干
皇居前広場 二重橋
桜田門櫓門 内側にある大きな通り口の門
マウスオン

桜田門高麗門 外側にある入口が狭い門
桜田門から国会議事堂 左端は警視庁 外桜田門跡 桜田門外の変はここ

法務省旧本館 道路工事中で見場はよくないが威風堂々。
1994年外観のみ重要文化財指定。
1895(明治28)年に旧司法省庁舎として完成。
明治政府が招聘したドイツ人建築家ヘルマン・エンテとヴィルヘルム・ベックマンの設計によるもの。
1923(大正12)年の関東大震災では、ほとんど影響を受けなかったが、1945(昭和20)年の東京大空襲により、ほとんどが焼失。1994年修復。
「法務史料展示室」があり、「司法の近代化」と「建築の近代化」に関する史料を展示している。
桜田門警視庁中庭築山にある「行幸記念碑」
日付は昭和56年1月17日とあった。
中庭に入るには許可が必要。警備の警察官に頼むといい。
井伊家上屋敷跡と桜の井戸跡
井伊は加藤清正の屋敷を拝領したのであった。
警視庁も、この井戸跡も、進行方向左側。
桜田門外の変、その桜田門と屋敷とは指呼の距離だった。
また堀沿いに戻ります。
桜田濠 白く見えるのは桜田門
3月の桜田濠と右は警視庁
「特別史跡「江戸城郭」とあります。 柳の井戸跡 マウスオン
三宅坂小公園 平和の群像 進行方向左側です。
電通が創立50周年を記念して建立、東京都に寄贈した。広告界に貢献した人々を称えるための「愛情」「理知」「意欲」を象徴する三女性の裸像。
幕末の蘭学者・画家 渡辺崋山生誕の地
三宅坂小公園内にひっそりと立っている。
蛮社の獄で逮捕された渡辺崋山は生活のために絵を売ったことが藩主にも咎が及ぶことを恐れ自決した。
最高裁判所  三宅坂 進行方向左側
岡田新一設計.、1974年竣工、日本建築学会賞を受賞している建物。
日本橋まで4km表示
国立劇場 進行方向左側 劇場のまんさくは満開
半蔵門 いつも防護柵があって近づけないのだ。 3月の半蔵門 桜田濠側

TOPページへ 歴史散歩目次へ PAGE TOP▲
ごらんいただき、ありがとうございました。