かこたんの なんでもフリーク  内堀通を行く その2

半蔵門〜千鳥が淵〜田安門〜竹橋〜平川門


半蔵門 半蔵門半蔵濠から
千鳥が淵公園を通り抜けましょう 
「第一東京市立中学校発祥の地」碑マウスオン
現東京都立九段高等学校の前身。はじめはここにあったのですね。
千鳥が淵公園内
麹町小学校校舎跡碑、現在は麹町2丁目、アイルランド大使館近くにあります。
千鳥が淵公園内 「対墨日本人移住百周年記念」1997年にメキシコから日本に贈呈されたオブジェ。
作者:セバスチャン、作品名:移住、重量1トン
「消防練習場跡地」碑
ここで消防訓練をしたのでありましょうか。
千鳥が淵公園 英国大使館前の2代目サクラ
初代駐日英国大使のエスラー・デニング卿が、昭和32年離日に際し、日英親善のしるしとしてしだれ桜20本を寄贈し、千鳥が淵公園の英国大使館前に植樹。
高速道路工事のため枯死し、現在のものは2代目。
千鳥が淵交差点
皇居を横断する首都高が右手に見える 千鳥が淵 
サクラの名所。
夜サクラ見物は、おしあいへしあいとなる。
千鳥が淵 「戦没者墓苑」
昭和28年吉田内閣の時に、”戦没者遺骨の内、氏名判明せざるもの並びに遺族不明のためお渡しできぬものを、国が建設する「無名戦没者の墓」(仮称に収納し、国の責任において維持管理する」との方針が閣議決定され決定され、昭和31年に建設地が決定された。
昭和34年建設。
靖国通りに出ます。
靖国神社にちょっと立ち寄りましょう。
大村益次郎像 靖国神社の前身を設立
1869年8月6日に戊辰戦争での朝廷方戦死者を慰霊するため、大村益次郎の献策により東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)として創建された。
1879年に「靖国神社」に改称。
靖国神社 参道 さすがに広々しています。
靖国神社を出て、内堀通りに戻ります。
大山巌元帥像 品川さんの像と同じ場所にある
薩摩出身、明治・大正時代の政治家、軍人で日本陸軍の創始者で通称弥助といった。
戊辰戦争後に大山さんが考案した弥助砲、マウスオン 九段下交番横のトイレの入り口にありました。
品川弥二郎像 長州出身、明治の政治家。戊辰戦争のとき、新政府軍が歌った「トコトンヤレ節」(「宮さん宮さん」)は、弥二郎が作詞者であると言われている。

常燈明台
1971年
九段坂の上は見晴らしがいい高台であったため、この灯台は品川沖や房総からも見えた!という。
道路改修のため1930年に現在の場所に移築されるまでは靖国神社内にあった。
灯台の台座に使われている石は、各藩(廃藩置県後だが)から拠出の銘石です。
陸橋左に行けば靖国神社
燈明台の右は、重文田安門、日本武道館。
重文田安門 千鳥が淵から
現在見る田安門は1636年再建されたもので現存する門の中で最古。
田安門高麗門 
高麗門内側はマウスオン
九段坂を下って行きます。かなり傾斜を感じる。
駅は、九段下、この坂の下にあるので登るのは大変。
牛が淵 
カモが円陣を作って時計回りにくるくる廻っていた。
何か意味がある行動なのかしらん?
田安門からみた昭和記念館、九段会館、千代田区役所 九段下交差点、交番横「蕃書調所跡」碑
蕃書調所とは東京大学前身。説明板マウスオン
九段会館駐車場奥  「貝塚碑」
九段会館は、旧軍人会館。
軍人会館建設時、昭和9年地下から発掘された貝塚を記念した碑。
現在地とある場所から、○○碑が多くなる。
九段会館 九段会館 西征陣亡陸軍士官生徒之穂碑
西南戦争に出陣した陸軍士官候補生33名の殉職を悼む碑。
九段会館 表忠碑
西南戦争戦死者慰霊のために明治11年建立。
「日本体育会体操学校之跡碑
千代田区役所の近く
「九段精華学校発祥の地」碑
これも
清水門高麗門 内側はマウスオン
どこかの高校野球部がトレーニングかしら、皇居一周をしているようであった。
重文清水門 櫓門 1658年再建
江戸時代は北の丸へと入る門であった。
現在は公園となり公開されている北の丸公園に入る門である。
清水濠から門
並木のお手入れ中 
前方は清水濠にかかる首都高
首都高
どうして、皇居を横断するのかわからないなぁ。
やがて清水濠まちかど庭園 背景は竹橋
首都高の下あたりから竹橋の手前まで濠沿いの一角
首都高下はこのようになっている。ベンチや濠に降りる階段もあった。
竹橋 主に大奥への通路として用いられた。 竹橋門跡 橋の奥は国立近代美術館

平川門〜大手門〜桔梗門
竹橋と国立近代美術館 太田道灌公追慕の碑
江戸城の石垣の石が使われている。
トレーニング中の若者たち、こんな少年たちばかりだと日本も安泰なのだが・・・。 平川橋と平川門
平川橋 別名御局御門不浄門
東御苑入口。江戸城の裏手にあたり、罪人・死人はここから出された。
平川門と平川橋
現在の平川門は、高麗門がないのだ。
平川門のほぼ、反対側丸紅本社ビルの敷地内にある「一ツ橋徳川家屋敷跡」碑、画像をクリックで説明板。
これは外堀通りに入れるべきかもしれません。
内堀通りは「日本の道百選」
和気清麻呂像
楠正成同様、勤皇の忠臣とみなされて、皇居近くにある?
震災いちょうは樹齢150年、関東大震災を生き延びた銀杏のいわれはクリック
気象庁 こんなところにあったのですね。 内堀通りの並木の根本、東京都の花サクラが・・
都内を走る二階建て遊覧バス 大手門 高麗門 
大名はこの門を通り、本丸へと伺候した。
櫓門は戦災で焼失、1967年再建。
桔梗濠から大手門はマウスオン
桜田二重櫓(巽櫓) 桔梗濠から
本丸の辰巳(南東)の方角にあるので、巽櫓。
桔梗門(内桜田門)
江戸城本丸方面へ通じる門。明治以降は門内に枢密院が置かれた。
現在は皇宮警察本部がある。

TOPページへ 歴史散歩目次へ PAGE TOP▲
ごらんいただき、ありがとうございました。